ガイドライン

ガイドライン

ガイドライン

 

株式会社Imp-Act(以下、「当社」といいます。)は、当社が運営するインターネットテレビ局+TV(プラステレビ )(以下、「本サービス」といいます。)の利用について、 以下のとおりガイドライン(以下、「本ガイドライン」といいます。)を定めます。利用者の皆様(以下、「会員」といいます。)が本サービスを利用するためには、本ガイドラインおよび本ガイドラインとは別に当社が定める利用規約(以下、「利用規約」といいます。)の全てに同意していただく必要があり、会員が本サービスを利用したときには、会員は本ガイドラインに同意したとみなされるものとします。また、本サービスの利用にあたっては、利用規約、本ガイドラインのみならず、本サービスのサイト上の説明や注意事項もこれらを補充し、利用規約および本ガイドラインの一部をなすものとして適用されますので、熟読した上でご利用下さい。

 

当社では本サービスのさらなる安全性とクオリティ向上のために、本ガイドラインを変更する場合がございます。そのため、過去に本サービスに掲載された番組には、本ガイドラインに沿っていないものもございますが、ご理解とご了承をいただきますようよろしくお願いいたします。

 

第1章 番組を提案するディレクター

 

第1条 利用資格について

本サービスを利用したディレクターによる視聴者の募集は、20歳以上で日本国内の住所、電話番号(携帯電話番号を含む)、所属会社または本人名義の銀行口座を持っている方のみ行うことが可能です。これらの他、当社が必要と判断した場合は、ディレクターに対し、さらに書類、情報の提供を求める場合があります。

 

第2条 番組の開始および進行

 

1項 あらかじめディレクターが定めた募集期間に番組が成立した場合、参加する視聴者の支援金は全額決済されるものとし、ディレクターは番組制作を開始できるものとします。

 

2項 番組が不成立となった場合、その時点までで集まった支援金は全額決済されないものとし、視聴者が得る権利も発生しません。この場合、当社からディレクターへの支払いも一切行われません。

 

3項 ディレクターは、募集期間内に目標金額を超えて支援金が集まった場合でも、募集期間の終了日までは途中で番組の掲載を終了することはできず、必ず募集期間の終了日まで参加者の募集を行わなくてはなりません。

 

第3条 参加特典の提供

 

1項 ディレクターは、番組が成立した場合、あらかじめ設定した参加特典を視聴者に対して提供する義務を負うものとし、成立後に番組が終了した場合でも、参加特典の提供義務を免れないものとします。

 

2項 ディレクターは、自らの番組が成立した際、参加特典に日時の指定がある場合は、本サイト上に明示した上で実行するものとします。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、原則としてディレクター自らが該当する視聴者へ連絡を行うものとしますが、弊社も責任を負って対処いたします。

 

3項 ディレクターは、参加特典の提供を行うにあたり、特定商取引に関する法律、不当景品類および不当表示防止法、その他関係法令を遵守しなければなりません。

 

4項 以下に該当する参加特典を設定する場合は、番組詳細ページ等からリンクで遷移できるページに許認可番号と管理責任者名を記載してください。

(1)中古品:古物商許可証

(2)酒類:通信販売酒類小売業免許

(3)その他当社が利用資格等を必要と判断した場合

 

5項 ディレクターは、参加特典についての問い合わせ等があった場合には、当該問い合わせに対し、誠実に回答するものとします。ただし、不明な点があった場合などには、弊社も責任を負って対処いたします。

 

6項 やむを得ない事情により番組の配信や参加特典の実行ができない場合は、速やかにその旨を通知した上、支援金の返金手続きを行うものとします。また、やむを得ない事情により参加特典の変更を行う場合も、速やかにその旨を通知した上、参加者の納得を得られるよう合理的な説明を行うものとします。

 

7項 番組配信や参加特典の提供等のために参加者の個人情報(住所、電話番号等)が必要となる場合、個別でメールのやり取りを行うものとします。また、取得した個人情報の管理はディレクターも責任を持って行うものとしますが、弊社も責任を負って対処いたします。

 

第4条 番組のキャンセル

 

1項 本サービスに掲載が開始された番組は、当社の承諾なく掲載を取り下げること、および、募集期間や目標金額、参加特典の内容や金額を変更することはできません。ただし、番組が募集期間終了前で、かつ成立していない場合において、やむを得ない理由で番組制作の開始が実行できないとディレクターが判断した際は、ディレクターが速やかに当社までその旨を通知した上、当社が承諾した場合に限り、番組の掲載を終了することができます。

 

2項 前項の場合、ディレクターは支援者にキャンセルの経緯を説明した上、支援者からの個々の問い合わせについて責任をもって対応することとします。弊社も責任を負って対処いたします。

 

3項 番組制作進行中に発生するトラブル、返金要求、その他紛争については、ディレクターが誠意を持って対応するものとしますが、弊社も責任を負って対処いたします。

 

第5条 番組掲載に関する禁則事項

 

1項 ディレクターは、自らと関わりのない番組および番組出演者や権利者に許可を得ていない番組の掲載はできません。

 

2項 下記に該当する内容が番組および参加特典に含まれる場合、掲載は禁止します。

(1) 法令に違反するもの。

(2) 著作権を保有していない著作物、使用許諾を受けていない著作物その他正当な使用権を保有していないもの。

(3) 銃器・凶器類、たばこ、電子たばこで使用するニコチン含有液体、医薬品・医療品、動物、昆虫等の生物、販売に際して法律で義務づけられている免許や資格条件を満たしていないもの、非合法商品全般。

(4) 火薬・花火など危険性の高い商品、犯罪に使用されるおそれがある商品(エアガン、スタンガン、催涙スプレー)、 法令により携行を禁止された刃物、開運、魔よけを標榜(ひょうぼう)する高額商品、金融商品(株や配当など)、一般に流通している商品券やクーポン券といった換金性の高いもの。

(5) 一般に市販されている、もしくは定価がある商品やサービス。(自らが提供するものを除く)

(6) 一般に市販されていないが、自らが提供する商品で定価があり、リターンの価格がその定価との間に著しく差額が生じるもの。

(7) 消費者庁の定める二重価格表記となるもの。(消費者に誤認させる意図での定価や割引率等の表示)

(8) 賭博を行い、またはその虞のあるもの。

(9) 富くじの売買などを肯定もしくは助長し、またはその虞のあるもの。

(10) 青少年の性的感情を著しく刺激するなど、その健全な育成を阻害し、またはその虞のあるもの。

(11) わいせつ物、児童ポルノの売買などを行うもの、売春、児童売春を助長するもの、またはその虞のあるもの。

(12) 無限連鎖講、マルチ商法を行うもの、またはその虞のあるもの。

(13) 覚せい剤、麻薬、向精神薬、大麻、あへん、毒物、劇薬の使用を肯定もしくは助長する虞のあるもの、またはその虞のあるもの。

(14) 政治団体や宗教団体その他それと同視し得る団体への寄付、献金を求めるもの、またはその虞のあるもの。

(15) 電気通信事業法、特定商取引に関する法律、不当景品類および不当表示防止法その他関係諸法令に反し、またはその虞のあるもの。

(16) その他当社が不適切と判断したもの。

 

3項 ディレクターは、番組掲載の可否は当社の裁量により決定されるものであり、前2項に該当しないものであっても番組が掲載されない場合があることを了承するものとします。

 

4項 ディレクターは、参加者の個人情報(住所、電話番号等)および支援に関する履歴を知り得た場合に、本人の承諾なくインターネット上およびインターネット以外への転載・開示は一切行うことができないものとします。ただし、ニックネームといった、番組のページ上に記載され、誰もがそのページにアクセスでき、知り得る事のできる情報はその限りではありません。

 

第6条 ディレクターへの支援金の支払い

 

1項 当社は、各番組が募集期間内に成立した場合に限り、募集期間終了後に「番組明細」を発行し、当社の手数料及び決済手数料相当額を支援金額から差し引くことによりお支払いいたします。

 

2項 当社の手数料は、目標金額ではなく、最終的に集まった支援総額に対して弊社手数料及び決済手数料として、当社の定める料率を乗じた額とします。

 

3項 前項の定めに関わらず、当社とディレクターの間に別途契約がある場合は、当該契約の内容が優先されるものとします。

 

4項 前項の支払いにおいて、振込手数料は当社が負担するものとします。

 

第7条 キャンセルポリシー

 

1項 番組が成立した場合、選択していた参加特典の変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。やむを得ない事情がある場合は、ディレクターもしくは当社が個別に対応します。

 

2項 ディレクターは、各番組の参加特典等の発送(履行)時期を越えた場合の遅延・遅配を理由とする参加者からの支援金の返金要求については、対応する義務を負うものとします。その他の理由における参加者からの支援金の返金要求についても、誠意を持って対応するものとします。弊社も責任を負って対処いたします。

 

第2章 番組に参加する視聴者(参加者)

 

第1条 利用資格について

参加者として番組を支援するには、日本国内に住所を有している(住民票があることを意味します)必要があります。

 

第2条 番組支援

1項 参加者として支援することは、番組が成立することを条件として、ディレクターが約定した参加特典を得る権利を購入し、番組制作を共に見届ける行為を意味します。

 

2項 参加者として支援を行った場合、支援を行った番組の利用条件(番組ごとに別途本サービス上で表示します。)を理解し、同意したとみなされるものとします。

 

3項 参加者は本サービス上に表示された参加特典に、時に上限があることを理解した上で、支援を行うものとします。

 

4項 会員は、参加者として支援したか否かに関わらず、番組に関する著作権・商品化権その他の一切の権利を有しないものとします。ただし、参加者として支援した場合の参加特典を得る権利を除きます。

 

第3条 番組支援のキャンセル

参加者として支援を開始した番組については、当該支援をキャンセルすることができません。 

 

第4条 参加特典の取得

 

1項 番組が成立した場合、当該番組を支援した参加者は、当社所定の方法により支援金の決済手続が完了することを条件として、ディレクターに対し、各番組において定められた期日までに、あらかじめ定められた参加特典を得る権利を有するものとします。

 

2項 当社は、支援の受付が完了した段階で、番組の成立、不成立に関わらず、番組の参加者一覧ページに参加者として支援している旨を遅滞なく表示できるものとし、参加者はこれを了承するものとします。

 

3項 支援金の決済手続時に何らかの事由により決済が正常に行えなかった場合は、正常に決済が完了するまで参加者が参加特典を得る権利は発生しません。さらに、番組の募集期間の終了から30日を越えても正常に決済手続が行われない場合は、金額に関わらず、その支援はキャンセルすることができるものとします。

 

4項 参加者は、番組に関してあらかじめ約定された参加特典以外の商品、サービスの要求は行わないものとします。

 

5項 選択した参加特典の変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。

 

6項 当社は、参加者の責に帰すべき事由(登録メールアドレスや住所の間違い等)で参加者として支援したことの表示の遅延、リターンの遅延、遅配が発生したことにより生じる損害については一切責任を負いません。

 

以上

令和元年8月6日 制定

}